業務委託契約後、まず、4日間の導入研修を受講してもらいます。
導入研修後は、インストラクター等によるフォロー体制のもと、調査業務を覚えてもらいます。
その後、毎月開催の支社勉強会や各地域で開催される調査種目別の勉強会に参加することによりスキルアップが図れます。
その他、担当調査種目によっては社外機関を利用した医療研修や、自動車事故を工学的に考えることに有効な研修を受講する機会があります。
また、社内システム上には様々な調査のツールや、マニュアルが掲載されており、調査サポート体制が整っております。

日頃の調査の成果を発表する場として、各営業部で選出された代表による調査オリンピックを開催しています。調査オリンピックは新規契約から3年目までの方がエントリーする新人部門と、それ以外の方がエントリーする一般部門に分けて開催をしています。
新人部門では契約間もない方でも代表に選ばれ、一般部門に負けない熱い発表が繰り広げられています。